WORK

仕事ができる人になる方法【たった1つのコツ】

こんにちは、某大企業でサラリーマンをしているメソです。
 
大企業では年功序列と言われていますが、私自身現在30歳でリーダーとして部下を持っています。
 

こんな方におすすめ

  • せっかく任せてもらえた仕事がうまくいかず悩んでいる方
  • 次から次に仕事が舞い込んできて、残業が増えて悩んでいる方
  • なぜあの先輩は仕事ができるんだろうと疑問に思っている方
 
 
仕事ができるためには○○が大切だ!
 
上司や周りからいくつも指摘を受けることも多いと思います。
 
・メールのレスポンスを早くする
・時間を管理する
・集中する 等
 
確かに非常に重要ですが、多すぎませんか?
 
私も入社当初はいくつものアドバイスを頂き実践しようと頑張りましたが、なんにせよ多すぎる。
 
毎日、毎回こんなに意識してやるなんて無理
と思いながらも頑張っていましたが、結果効率もなかなか上がらず結果も思うように出せずの状況でした。
 
 
そんな私がたった1つ意識しただけで大きく変われたコツをご紹介します。
 
まずは1つ意識して取り組むだけでいいです。
 
 
たった1つ意識する事で仕事ができる人と呼ばれる存在になれます。
 

仕事ができる人になる方法【たった1つのコツ】

 
仕事ができる人になる方法は
 
朝一番から重要度の高いやるべき仕事だけを終わるまでやる
 
これだけです。
 
当たり前じゃん。。
と思われるかもしれませんが、本当に朝一番に取り組めていますか?
 
あとでも対応できるメールの返信や途中で舞い込んできた業務など、その仕事の合間にしていませんか?
 
どうでもいい打ち合わせを間でやったり、誰でもできる雑務を合間や先にしていませんか?
 
やるべき一番重要で面倒くさく、集中力、耐力の使う仕事を、朝からそれだけに集中して取り組むのです。
 
人間は面倒なことや苦しい事を後回しにしたり、一旦他の仕事をしてから後でやろうなど、苦しい事から逃れようと後回しにする傾向があります。
 
朝の脳が活性されているときに集中してやれば2時間で終わる仕事も、他のどうでもいい仕事が終わった後に取り組むのであれば3時間も4時間もかかってしまうこともあります。
 
 
想像してください。
 
・定時後に重要で大変な仕事をするのか
・朝一で重要で大変な仕事を終わらせるか
 
 
どちらがやる気が起きますか?
どちらが成果を出せるような気がしますか?
 
 
後者ではないでしょうか?
 
疲れ切っている時に大変な仕事をしても、頭も回りませんし、時間もかかる、結果として成果も出しにくい。
 
 
そもそも仕事ができる人ってどういう人でしょうか?
 
どうでもいい仕事ができる人ではありませんよね。
 
重要度の高い大変な仕事をスピーディーに且つ結果を出すことが出来る人
 
だと思います。
 
 
その為には、体と脳が一番元気な朝にこの仕事に集中すれば良いのです。
 
どうでもいい雑務は後回しでいいです。
 
先に大切で重要な仕事にエネルギーを使いましょう。
 
 

仕事ができる人になったら

 

 仕事ができる人になった時のメリット

・周りから認められる

・自分の存在意義を見出せる

・昇級の可能性があがる=給料があがる

 
出来ない→出来る
 
この結果でメリットも生まれますし、自分自身も仕事が少し楽しくなると思います。
 
どうせやらなければいけないのであれば、楽しい方がいいですよね。
 
 
コロナ禍のニュースで色々な企業でもリストラや倒産も続いています。
 
リストラされるのはスキルの低い社員ですし、転職するにしてもスキルの低い方は厳しい状況が続くでしょう。
 
自分の身を守るために仕事ができる人になるための行動をとっていきましょう。
 

仕事ができる人になる方法のまとめ

 
仕事ができる人になる方法は以下です。
 
朝一番からやるべき仕事だけを終わるまでやる
 
まずは1つ。
これだけを取り組んでみてください。
 
仕事ができる人は重要な仕事をスピーディーに結果を出せる人です。
 
その重要な仕事を朝一で取り組むことで結果を出せる可能性が高くなり、周りから認められていきます。
 
大変なことを後回しにせず、朝一番で終わらせてしまいましょう。
 
結果的にそれが成果へ繋がっていくはずです。
 

スポンサーリンク

-WORK

© 2021 mesoblog Powered by AFFINGER5