DIET

16時間ダイエット(断食)のやり方を分かりやすく解説

 
こんにちは、めそです。
 
 
今話題のこちら
 
 
 

16時間ダイエット(断食)

 
 
このダイエット方法を分かりやすく解説します。
 

こんな方におすすめ

  • 16時間ダイエット(断食)のやり方と効果知りたい
  • 実際にやっている人の体験談を見てみたい
 
 
16時間ダイエットと言っても、何をどのようにすればいいのか分からない点もあるかと思います。
 
やり方とその効果、プチアドバイスも添えて分かりやすく解説していきます。
 
また、実際にこのダイエットを実践していく経過も公開していきます。
 
16時間ダイエットのやり方を理解して、ダイエットだけでなく得られる素晴らしい効果を体感してみましょう。
 
 
 

16時間ダイエット(断食)のやり方を分かりやすく解説

16時間ダイエット(断食)のやり方

 

  1. 睡眠時間を合わせて一日16時間は何も食べない時間を作る
  2. 食事は何をどれだけ食べてもいい
 
ルールはこれだけです。
 
 
 
困った人
一日16時間食べないって結構きつそう。。
 
 
 
こう感じるかもしれませんが、睡眠時間を合わせてOKです。
 
一日8時間寝る人であれば、就寝までの4時間、起床してからの4時間を何も食べないように調整すれば良いのです。
 
まずは週一回、週末だけでも良いので睡眠時間が長くなろうである休日に実践してみることで成功しやすいと思います。
 
 
 
困った人
それでも16時間は厳しい
 
 
 
そんな方は以下の食べ物なら大丈夫です。
 
 
 食べてもいいもの
・生野菜
・サラダ
・ナッツ類(素揚げのものが好ましい)
・チーズ
・ヨーグルト

 
特にナッツは糖質が低く、お腹に溜まりやすいので『どうしても耐えられない』という時には効果があります。
 
 

16時間ダイエット(断食)はなぜ良いのか

 
そもそも、16時間ダイエットが本当に良いのか気になるかと思います。
 
簡単に分かりやすく解説します。
 
私たちの体はエネルギーを作る時に、普通は食事から摂った栄養でエネルギーを作っています。
 
しかし、食事から摂ったエネルギーを使ってしまえば、体の中からエネルギーを作り出すのです。
 
食事から10時間後
  体の脂肪からエネルギーが作られる

 
食事から16時間後
  ️体の中の壊れたタンパク質、古いタンパク質を栄養として吸収してエネルギーが作られる
 
 
これは『オートファージー』と呼ばれ、2016年にノーベル生理学医学賞を受賞している、医学的に正しい食事の方法です。
 
食事からのエネルギーがなくても、ある程度生き延びることができるように、人間の体にもともと備わっている機能です。
 
16時間何も食べないことによって、エネルギーが脂肪から作られ、そして自身の体で不要となったタンパク質からエネルギーとして吸収されるのです。
 
脂肪をエネルギーに変えるだけでなく、古くなった細胞を新しく生まれ変わらせ、結果的に若々しく、病気になりにくくなります。
 
ダイエットだけでなく、若々しく健康でいられる。
 
こう考えたら最高の食事法ですよね。
 

16時間ダイエット(断食)の効果

 
上記で述べてきた16時間ダイエットの効果をまとめると以下
・ダイエットができる
・アンチエイジングに繋がる
・食費を抑えられる
・健康に生きられる

 
別に痩せているしダイエットする必要と考えない人であっても、老いには誰しも悩みを抱える部分はあると思います。
 
ダイエットに繋がるだけでない、この食事法は誰しもが行うべきなのです。
 
 

まとめ

 
 
いかがでしたでしょうか?
 
本記事を分かりやすくまとめると以下
 
 
 16時間ダイエット(断食)のやり方

・睡眠時間を合わせて一日16時間は何も食べない時間を作る

・食事は何をどれだけ食べてもいい

 
 
 耐えられないとき食べていいもの
・生野菜
・サラダ
・ナッツ類(素揚げのものが好ましい)
・チーズ
・ヨーグルト

 
 
 16時間ダイエット(断食)で得られる効果
・ダイエットができる
・若々しく生きられる(アンチエイジング)
・食費を抑えられる
・健康に生きられる

 
いきなり毎日実践するのはかなりキツいと思いますので、まずは週末の一日からでも実践してみることをお勧めします。
 
一日であっても体の中がリセットされ、体の調子が良くなるのを実感できると思います。
 
実際に私もまずは一日試してみましたが、空腹感はそこまで強くなく凄まじい集中力で頭が冴えわたる感覚を覚えました。
 
 
また、ダイエットの効果だけでなく、アンチエイジングにも繋がるとのことで、この食事法は今後更に注目されていくでしょう。
 
色々な高額サプリや、エステなどに通うのもいいでしょうが、タダで自分の体の内側から変わらせ若々しく変化できるのであれば、実践する意味もまた大きくなってくるのではないでしょうか。
 
ダイエットを目的とする方でも、そうでない方でもこの医学的に認められている食事法で若々しく健康に生きていきましょう。
 
毎日がもっと楽しく、豊かになるはずですよ。
 

スポンサーリンク

-DIET

© 2021 mesoblog Powered by AFFINGER5